JVC

ビデオカメラ連携の使い方

4. バージョンアップ

今後対応競技を広げていく teamnote with Everio R に、インターネットを使って簡単に本体バージョンアップを行えます。
インターネット接続するために、事前にアクセスポイントを準備してください。くわしくは、1.アクセスポイントの準備をご確認ください。

4.1 インターネットを利用して本体バージョンアップを検索する
4.2 本体バージョンアップを実行する
4.3 SDカードを使用した本体バージョンアップ

4.1 インターネットを利用して本体バージョンアップを検索する

┃インターネットを利用して本体バージョンアップを検索する

1. “MENU”をタッチする。 2. “セットアップ”をタッチする。 3. “∨”をタッチし、“ファームウエア更新”をタッチする。 4. “インターネット”をタッチする。 インターネットに接続するためのデータ通信が発生します。 5. ビデオカメラがWi-Fiアクセスポイントと接続を行い、接続されると本体バージョンアップを検索し、結果を表示します。 6. 本体バージョンアップの必要がない場合、“OK”をタッチしてください。 7. 本体バージョンアップがあるときは、本体バージョンアップを実行します。

4.2 本体バージョンアップを実行する

┃ソフトウェア使用許諾契約書に同意する

1. “OK”をタッチする。 2. 表示されているURLに、PCやスマートフォンなどのブラウザでアクセスしてソフトウェア使用許諾契約書をご確認ください。
“QR コード表示”をタッチすると、ソフトウェア使用許諾契約書のURLが、QR コード表示されます。
確認後“[戻る]”をタッチすると戻ります。 3. “OK”をタッチする。ソフトウェア使用諾契約書に“同意する”/“同意しない”は次の画面に表示します。 ご同意いただけた場合は“同意する”をタッチする。
ご同意いただけなかった場合は“同意しない”をタッチする。

┃本体バージョンアップデータをビデオカメラにダウンロードする

1. ダウンロードするファイルサイズをご確認いただき、“OK”をタッチする。 2. ダウンロードが開始します。ダウンロードが終わるまでしばらくお待ち下さい。 3. ダウンロードが終わると本体バージョンアップの実行確認画面を表示します。

┃本体バージョンアップを実行する

1. “はい”をタッチする。 2. “はい”をタッチする。(本操作後、本体バージョンアップが始まります。バージョンアップ中は電源を切らないでください。) 3. 本体バージョンアップ後、“OK”をタッチする。(ビデオカメラがリセットします。)

┃うまく動作しないときは

■アクセスポイント(無線LANルーター)に接続できない:
SSIDやセキュリティ認証方式、パスワードに間違いがないか確認してください。

■どのアクセスポイント(無線LANルーター)が自分のものかわからない:
アクセスポイント(無線LANルーター)の設定をお買い上げの状態から変えていない場合は、以下を確認してください。
・アクセスポイント(無線LANルーター)の本体に初期設定を記載したシールが貼られていないか確認してください。
・アクセスポイント(無線LANルーター)の取扱説明書に、初期設定が記載されていないか確認してください。

■アクセスポイント(無線LANルーター)のパスワードがわからない:
お使いのアクセスポイント(無線LANルーター)の取扱説明書を確認してください。

4.3 SDカードを使用した本体バージョンアップ

ビデオカメラサポート情報の「teamnote 対応用ファームウェアダウンロード」のページにある「SDカードを使用したファームウェア更新」をご覧ください。
詳しく見る